スナックとは

スナックとは正式にはスナックバーと呼ばれる飲食店の形式で、主にカウンター付きの店舗を指します。日本ではほとんどの場合お酒を飲みに訪れるお店というイメージが定着しています。しかし、海外では、お酒の出ないスナックバーと呼ばれるお店も存在しています。スナックバーのスナックとはもともと軽食の意味があるので軽食を出すお店がスナックバーという意味で使われていたのです。飲食店の店長といえば男性というイメージが強いですがスナックバーにおいてはお店の責任者は女性である場合が多いです。スナックバーの女性責任者は従業員や客からママと呼ばれ文字通り母親のように親しまれる存在です。スナックバーを訪れる客は、お酒を飲んだり軽食を食べたりといった飲食のみを目的にはしておらずお酒を飲みながらママや他の女性従業員との会話を楽しんだり、カラオケを歌ったりといった楽しみ方をしています。スナックバーはもともと軽食中心のお店という意味なので風俗営業の適用店にはならず、深夜0時以降も営業を続けているお店が多いのもスナックバーの特徴のひとつです。例えば、同じようにお酒を提供するお店にクラブなどがありますが、クラブは風俗営業の適用店となり、深夜0時までしか営業を許されていません。

 

Comments are closed.