スナックとクラブの違い

スナックとクラブの違いはまずひとつにお店の規模があります。スナックは主に軽食とお酒を提供するお店で、小規模なものになります。一方、クラブは同じくお酒を提供するお店ですがやや規模の大きな店舗である場合が多いです。またスナックの料金形態が、飲食の内容に従うものであるのに対し、クラブは接客という行為にお金を支払うことになっています。クラブは特に高級店というイメージが強いです。例えばキャバレークラブを略して呼ばれるキャバクラも、名前にクラブが含まれてはいますがこちらは若者向けという印象の強いサービス店舗です。一方、クラブは大人のお店という印象が強いですね。接客を担当する女性従業員も、クラブではホステスと呼ばれていますが、キャバクラではキャバクラ嬢やキャストと呼ばれています。スナックは風俗営業の適用外ですが、クラブもキャバクラも、どちらも風俗営業店という扱いになっています。ですから、風俗営業法に従って深夜0時までしか営業できないことになっています。またスナックもクラブも多くが接客を担当するのは女性従業員ですがクラブは特殊な例として男性従業員が接客をし女性客を見込む性質の店舗・ホストクラブが存在しています。

Comments are closed.