引越 市内

サイトマップ

同市内への引越しは距離が近い分、遠くへ行くよりは楽に済みます。しかし、手続きや荷造りの手間などは大差がなく、色々と面倒なことも多いです。まず住所の変更をしなければなりません。学校へ通っていれば、その処理もあります。他には、荷物の移動も要ります。これは業者を使っても良いですが、できるなら自分たちで運んでしまったほうが良いでしょう。そうすれば、かなり安上がりです。ちなみに、「同市内だから同じ所が使用できる」と考えると、痛い目に遭うので注意しましょう。

同市内に引越しする場合でも住民表の変更が必要ですので、忘れないようにしましょう。その際、転居届や本人確認の証明書、印鑑などを持参しましょう。最低でも新居に移った後、1ヶ月以内に済ませなければなりません。おすすめは、当日か初日に終わらせることです。下手に先送りすると、タイミングが無くなる恐れがあります。馴染みの市役所にいけるので、迷うこともないでしょう。また、書類は転入届と間違えないようにして下さい。こちらは、他の市町村から越してきた場合に使います。時間がかかる場合もあるので、暇を見つけてやっておきましょう。

「同じ市内への引越」について

同じ市内への引越について。

Copyright © 同じ市内への引越. All rights reserved